給湯器の水漏れは修理すべきか交換すべきか

給湯器で水漏れが発生しているトラブルは決してレアなケースではないです。水漏れをそのままにしていると一酸化炭素中毒を起こしたり、マンションの場合階下の住人に迷惑をかける恐れもあります。給湯器 交換なり修理なりを検討すべきです。

■冬場のトラブルの原因は凍結

冬場に給湯器の水漏れがよく発生します。その原因は配管における凍結です。氷点下になったときに配管内の水が凍結します。氷になると体積が増えます。この時配管を破裂させてしまうことがあります。そこから水漏れが発生するわけです。
このような場合、配管の交換で修理する、ひどくなると給湯器 交換が必要なケースも出てきます。雪国では寒冷地仕様になっていて、凍結対策ができているのでこのような凍結は起こりにくいです。むしろ関東地方など、年に1回から2回氷点下になるような地域に住んでいる方は気を付けたほうがいいです。

■部品の劣化は寿命の訪れ

配管の接続部分にはパッキンと呼ばれるゴム製のパーツが使われています。このパーツ大体10年前後使い続けると、劣化が進みます。ひび割れなどを起こし、そこから水漏れが発生します。
パッキンが劣化している機種は、そろそろ寿命が近づいていると考えられます。パッキンを新しいものに交換して修理しても、本体が近い将来故障する可能性が高く、交換を進められる場合も少なくないです。

■まとめ
給湯器の水漏れは修理したほうがいいのか、交換しなければならないかはケースバイケースです。これは素人では判断は難しいです。そこで修理業者を呼んで、専門家に見てもらったうえでアドバイスを受けましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ