蛇口の水漏れ、修理方法について

蛇口をしっかり閉めているにもかかわらず、ちょろちょろと水が流れているようなことはありませんか。それはもしかすると蛇口のどこかで不具合が起きているかもしれません。蛇口 交換をはじめとした適切な修理をして、速やかに水漏れトラブルを改善することが求められます。

■パッキンの交換の方法

蛇口からの水漏れの原因として、パッキンの傷や破損などが考えられます。水漏れを防止するためのゴムパーツで、どうしても時間が経過すると劣化して本来の機能が失われます。水栓を分解すると、ゴムのリング状の部品が見えてくるはずです。
中にはコマのような形状をした部品が使われている蛇口もあります。これはコマパッキンといって、すべてを新しいものと取り替えて修理します。

■バブルカートリッジの交換方法

シングルレバーの混合水栓の水漏れは、バルブカートリッジの故障が原因と考えられます。持ち手部分を取り外すと、キャップのようなものが見えます。これがバルブカートリッジです。
反時計回りに回してスパウトと呼ばれるカバーを外してハンドルの真下にあるねじを緩めます。ここまで完了すると、バルブカートリッジは簡単に取り出せます。


■まとめ
蛇口からの水漏れの場合、交換しなくてもパッキンなどの部品を変えるだけで自分で修理できる可能性は高いです。ただし自分で行う自信がない、さまざまな方法を試してみたけれども症状が直らない、酷くなったという場合には修理の専門業者に相談したほうがいいです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ